抜け毛のメカニズム(育毛と発毛)


鏡を見ると、トップの部分から地肌がスケスケ。
数年前の自分と比べて、落ち込んでいる方も多いでしょう。

また、お友達との集合写真。
自分では余り気づかなくても、後から写真を見て自分のヘアスタイルにガッカリ。
こんな経験をされた方も、多いと思います。

育毛や発毛が気になった時は、抜け毛のメカニズムを勉強する良い機会だと思います。
どの様にして抜けてしまうのか。

抜け毛のメカニズムをしっかりと理解して置く事に寄って、育毛や発毛のし易い頭皮作りを目指す事が出来ます。

育毛や発毛に繋がる抜け毛のメカニズムについて、レッスンをして行きましょう。

抜け毛のメカニズム

一般的に多くの人の髪の毛は、10万本程度存在をすると言われています。

健康的な人でも一日当たりに、50本から100本程度髪の毛が抜けると言われています。

これは想像寄りも、多い本数ですよね?
少しくらいで有れば、余り神経質に成らない方がベター。
気長に発育を待ってあげても、良いと思います。

髪の毛が抜けると新たに、毛根から新しい髪の毛が生えて来ます。この髪の毛の生え変わりをヘアサイクルといいます。

 ヘアサイクルは人に寄って異なりますが、一般的に多くの方の髪の毛は2年から6年の期間を経て、新しい髪の毛に生え変わると言われて居ます。

正常なヘアサイクルが有ると、髪の毛の成長や休止期などを繰り返して、新しい髪の毛が作られて行きます。

これが、抜け毛のメカニズムです。

上記の正常なヘアサイクルによって抜けた毛は、正常な抜け毛といえるでしょう。

ヘアサイクルの乱れが初期の薄毛に繋がる

ところがここに、一定のストレスが掛かると、正常なヘアサイクルに乱れが生じます。

髪の毛が十分に大人に成り切れない内に、抜けてしまうと次に生える予定の髪の毛が間に合わなくなり、ヘアの部分に薄さを感じる様に成ります。

このヘアサイクルの乱れが、初期の薄毛の原因になるのです。

ただ、この薄毛も過度なストレスから開放されれば、基に戻る可能性があります。

ですので、本当に気にしなければいけない薄毛と、気にしなくてもいい抜け毛は見極める必要があります。

ですので、一時のストレスによる薄毛に悩んで、さらにストレスを抱える悪循環にだけははまらないようにしなくてはいけません。

逆に、ストレス以外が原因で薄げになった場合は、早急に対処をする必要があります。

まずは、原因がストレスかそれ以外かを冷静に判断しましょう。