脱毛症の種類


育毛や発毛を考える上で欠かせないのが、脱毛症の種類です。
一口に髪の毛が抜ける、抜け毛と言ってもその種類やパターンは様々なタイプが有ります。

自分の脱毛症を理解する事が、正しい発毛や育毛を考える上で欠かせない事。
髪の毛の状態や、抜け毛の種類を判別する事に寄って、育毛や発毛への関わり方も大きく変わって来ます。

自分の脱毛症の状態を正しく知って、質の良いヘア作りを目指して行きましょう。

円形脱毛症

一般的にストレスが要因ではと言われているのが、円形脱毛症です。
最新の研究に寄ると免疫機能の低下などに寄って、引き起こされる事も分かって来ているそうです。

フサフサだった髪の毛が、ある日突然サークル状に抜けてしまう状態を指します。
一般的な脱毛が年月を隔てて少しずつ行われるのに対して、こちらは急激に抜けてしまう状態です。

円形脱毛症の他にも、男性型脱毛症と呼ばれる症状も有ります。

男性型脱毛症

育毛や発毛の悩みが多い40代程度の男性に多いのが、男性型脱毛症です。
額の生え際やヘアのトップ部分が、薄くなり始めるのが大きな特徴です。

男性ホルモンが関わっていると、言われています。
壮年性脱毛症は、太さの或る髪の毛が少しずつ柔らかいフワフワしたヘアに変化してしまう脱毛症です。

全体的にボリュームが少なくなるのが特徴です。

脂漏性脱毛症

頭皮の皮脂分泌が過剰に起こり、毛穴に脂が詰まって、細菌が増殖して炎症をおこしたり、毛髪の成長が阻害されてしまい、毛髪が大人に成長する前に抜けてしまう脱毛症です。

基本的に、皮脂腺が多い生え際から脱毛していく可能性が高いのが特徴です。