正しいシャンプーの仕方


育毛や発毛ケアを考えている方に、レクチャーしたいのが、正しいシャンプーの仕方だと思います。
育毛や発毛ケアと、正しいシャンプーの仕方。そんなの関係無いんじゃないと、疑っている方は大きな間違い。

間違ったヘアケアの方法を続けていると、育毛や発毛のしづらい頭皮に近付いてしまうそうです。
毎日の事なので自己流に成りがちな、シャンプーの仕方を今一度お浚いをして置きましょう。

シャンプー前の準備

洗髪の前には、ブラッシングを必ず行って置きましょう。
自分が思った以上に一日を過ごした髪の毛は、絡まりやモタ付きが起こっている物。
しっかりブラッシングを行う事に寄って、簡単に洗髪を行う事が出来ます。

またブラッシングを行う事に寄って、頭皮の血行はアップしてくれます。
健康的な頭皮作りと血流アップは欠かせない要素。
面倒でも、毎日の習慣にしましょう。

シャンプー中の注意事項

泡立てた液体を頭皮に付けて、優しく指の腹でマッサージする心持ちで洗って行きます。
癖で下を向いて洗う方が多いのですが、これは逆毛を生み出しやすくなるので、NG。
空を仰ぐイメージで、上を向いて洗う方がベターだそうです。

また洗髪をする時には間違っても、爪でゴシゴシ擦らない様に心掛けましょう。
爪で擦る事に寄って、頭皮は傷付き易く成ります。

ドライな頭皮になってしまい、今まで以上にフケや痒みを生み出す要因にも成ってしまいます。

そして、シャンプーで洗った後の濯ぎはしっかりやりましょう。
自分では濯げたと思っても、実は頭皮に残っていたりします。

頭皮を触ったときに、ぬめっとしている場合は、残っている証拠です。
特に生え際などのは、シャンプーが残りやすいので、念入りにすすぎましょう。

シャンプー後の注意事項

シャンプー後、バスタオルで拭くだけで、半渇きのまま寝る人がいます。
その状態で、寝ると頭皮に細菌が増殖し、髪にも頭皮にもよくありません。

ですので、かならずドライヤーで、髪と頭皮を完全に乾かしてから寝るようにしましょう。

また、ドライヤーも同じ箇所に当て続けるのは、髪や頭皮によくないので、一定の距離を離して、同じ場所に熱風が当らないように使用しましょう。

上記の事を意識して、正しいシャンプーを心がけましょう。

おすすめ記事のご紹介。