育毛と発毛「髪の毛の仕組み」


「ブラッシングをしていると、多くの抜け毛が見られてショック。」

この様に育毛や発毛に関して悩んでいる方、増えている様に感じます。
育毛や発毛に関するお悩みはお年を召した方だけでは無くて、最近では若い女性の方にも増えているそうです。

ストレスや乱れた食生活、そしてライフスタイルの変化。
時代とともに、育毛や発毛に纏わる悩みもアップしているそうです。
抜け毛が気になり始めたら、まずは髪の毛の仕組みをしっかり理解して置く事も大切です。

髪の毛の仕組みをしっかり勉強をして置く事に寄って、抜け毛の気になり難い強いヘア作りを目指す事が出来ます。

髪の毛の仕組み

髪の毛の仕組みとして抑えて置きたいのが、キューティクルと内部にインしている毛髄質と毛皮質。

毛根から髪の毛の先までをガードしているのが、キューティクルと呼ばれている部分です。
幾つもの層に重なり合っていて、繊細な髪の毛を外部からしっかり守ってくれます。

髪の毛の太さに影響しているのが、中心の毛髄質の部分だそうです。

一般的に髪の毛は外側に見えている部分、そして頭皮の下に潜り込んでいる毛根部分に分類する事が出来ます。

この頭皮に潜っている部分がしっかりしていると、抜け毛に成りにくい元気なヘアを生み出す事が出来るそうです。

育毛や発毛を心掛ける方は見えている部分の髪の毛では無くて、根幹の部分に注目をしてヘアケアを行うと良いでしょう。